中古車の選び方・探し方のコツは?中古車探しの注意点やポイントを解説

中古車を買う際には値段が安いのはもちろん、質にもこだわりたいでしょう。良い中古車を見つけるためにはいくつか重要なポイントがあります。また、予算があまりない方や支払いの負担を減らしたい方にとっては、カーリースという選択もおすすめです。この記事では、中古車選びのコツ、探す場所、購入方法などについて詳しく解説します。

1.まずは欲しい中古車を決める!中古車選びのポイント

1.まずは欲しい中古車を決める!中古車選びのポイント

中古車を選ぶときには、まず欲しい中古車の条件やイメージを明確にすることが大切です。この段落では、自分に適した中古車をピックアップするための方法について解説します。

1-1.利用目的・乗車人数

自分が欲しいクルマをはっきりさせるためには、車両のタイプ、予算、希望する装備、どのようなシーンで使いたいのかを整理しましょう。通勤で頻繁に乗るのか、レジャーでたまに使うのか、週末の買い物などが中心になるのかによって車種や必要な装備は変わります。何人乗せるのか、誰を乗せるのかといったところも重要です。ボディカラーにこだわるのも、もちろん悪くありません。このように、クルマに求める要件をすべて洗い出し、優先順位をつけることで買うべきクルマの条件が絞れてきます。

1-2.車両タイプ・車種

利用目的や乗車人数が明確になったら、どのような車両タイプにするのか選びます。利用人数が2~4人で、購入価格をできるだけ抑えたいのであれば、軽自動車が良いでしょう。家族の人数が多い場合は軽自動車だと乗り切れないかもしれないので、ミニバンが適しています。子供の成長も考慮して検討してみるのも必要。軽自動車とミニバンの中間ぐらいを希望する際にはコンパクトカーが選択肢に入るでしょう。見た目の良さを追求したい方はSUVやクーペもおすすめです。希望の車種やメーカーが決まっているのであれば、さらに絞り込みを行っていきましょう。

1-3.購入予算

中古車選びで、購入予算は大事な要素のひとつです。予算は事前に決めておくようにしましょう。クルマを購入するときは車両本体の価格に目が行きがちですが、名義変更や税金などの諸費用も計算に入れておかなくてはなりません。また、維持費が高くつくクルマを購入すると、あとから生活が苦しくなるおそれがあります。収入の大半を費やすようなクルマを購入するのは避けたほうが無難です。購入後、維持費がどれだけかかるのかは必ず把握しておくようにしてください。

1-4.その他

最後に、仕様、グレード、ボディカラーなどを決めていきましょう。装備は自分にとって本当に必要なものを購入するようにしてください。例えば、カラーにこだわりがない方は、人気色を選ばないことでクルマの購入価格を下げられます。クルマは色によって値段が相当変わる場合があります。車種によっては数割程度、価格が違ってくるケースもあります。あまり人気のない個性的な色のクルマを選べば、予算内に収めやすくなるはずです。ただし、クルマは長く使用するものなので、自分が不快になるような色を選ぶと後悔するかもしれないので、無理はしない

2.中古車はどこで探せばいい?一般的な方法

2.中古車はどこで探せばいい?一般的な方法

この段落では、中古車を探す場所について一般的な方法を紹介します。

2-1.中古車検索サイトで検索する

中古車をもっともお手軽に探す方法として、中古車ポータル検索サイトの利用があります。中古車ポータル検索サイトは「カーセンサー」や「goo-net」などが有名です。中古車販売店やメーカーのホームページから検索して絞り込んでみても良いでしょう。中古車検索サイトでは直接的なアドバイスを受けられないため、条件がある程度固まっている方に向いていると言えます。条件の良いクルマはすぐに売れてしまいますので、お目当てのものが見つかったら、できるだけ早めに販売店に連絡するのがポイントです。

2-2.中古車販売店に訪問する

クルマの状態を直接見て判断したい方は、中古車販売店に訪問するのがおすすめです。ただし、この方法だけに頼って探してしまうと「近所の販売店に売られているクルマ」に限定された探し方になってしまいます。自分が訪問できるエリアで対象車両を検索し、条件に合ったものが見つかったのであれば、販売店に現車を確認しに行くと良いでしょう。希望条件に合ったクルマがない場合は、近所の販売店にこだわらずに、検索サイトなどを利用し、探す範囲を拡大しましょう。

2-3.ディーラーに訪問する

ディーラーは基本的に新車の販売がメインですが、試乗車落ちのクルマや下取り中古車からに良いクルマを探せる場合もあります。付き合いが日ごろからあるディーラーがあるのであれば、相談してみるのもひとつの手です。しかし、クルマのメーカーはそのディーラーが扱っているブランドに限定されやすくなるのは仕方がありません。また、中古車を買おうとしているのに、いつの間にか新車を勧められているという展開にもなりがちなので、注意が必要です。

2-4.その他

その他にも、ネットオークションサイト、個人間売買、業者オークションなどの方法で中古車を買うことが可能です。安値で買えるだけでなく、個人間売買であれば、消費税がかからないメリットも期待できます。しかし、これらの方法は車両品質を見極めるのが難しい傾向にあり、安全性も確保されているとは言えません。クルマに詳しい方でなければ、あまりおすすめはできない方法です。

3.購入前に確認すべきポイント

3.購入前に確認すべきポイント

購入前にはいろいろと下調べをしておくことが大切です。販売店で購入するのであれば、ネットで対象の販売店への口コミなどを参考にしておくと良いでしょう。車両の状態は慎重に見極める必要があります。現車を確認して目立つへこみやキズがないかどうかだけでなく、エンジンや電装系についても動作確認するなど入念にチェックしてください。見た目だけでは判断がつかないケースもよくあるので、車両の外装や内装の状態等の検査結果が記載されている車両検査表の有無を販売スタッフに聞いてみるのがポイントです。併せて整備記録なども確認できれば、過去のメンテンナス状況など詳細な情報が把握できるでしょう。

販売店の中には、販売車両に無償で車両保証を付けているところもあります。車両保証が付いているということは、それだけクルマの状態に自信がある証明です。中古車を安心して購入したい方は、車両保証の付いている販売店やクルマを選ぶと良いでしょう。

4.トラブル防止!見積もり・契約内容確認

トラブルにならないためにも、見積もりの段階で支払総額がいくらかになるのかを必ず確認するようにしてください。車両本体価格だけでなく、諸費用も含めた総額で見積もりを出してもらうことが重要です。その際、見積書に希望していない項目や違和感のある項目があったら、質問するようにしましょう。希望したオプションなどに抜けや漏れがないかどうかも同時にチェックします。納車時期や納車時整備の内容、車両保証など、契約内容については何度か確認、見直しをするぐらいの慎重さが求められます。

5.購入方法は現金・ローン・カーリースのどれにする?

利息をかけず、支払総額を安く購入したいのであれば現金による一括払いが理想です。しかし、クルマは価格が高いため、一括で支払えるほど資金に余裕がある方は少ないでしょう。一括で支払えたとしても、一度に大きな出費を出すのは何かとデメリットがあります。ローンであれば分割で支払えるので、ある程度安定した支払い計画が可能です。ローンは販売店が取り扱っているオートローン、もしくは金融機関のマイカーローンなどを使うのが一般的です。

分割で支払う方法として、マイカーリースも覚えておいて損はありません。マイカーリースとは、契約期間を決めて、その間に一定の月額費用を支払い、クルマを賃貸する仕組みです。車検費用や税金が契約期間中の月額費用に含まれているプランもあり、月々の支払いが均等になっているため、契約期間中に急な出費が発生するリスクは小さいと言えます。頭金がいらない商品が多いというメリットも見逃せません。支払の負担をできるだけ減らしながら、計画的に支払いをしたい方にとって、マイカーリースはぴったりな商品といえるでしょう。

「ORIX U-car」で安心して中古車購入・リース契約を

中古車の探し方や購入方法は多種多様です。購入時だけでなく購入後も安心できる販売店から納得できる中古車を、自分に合った支払い方法で手に入れられるようにしましょう。「ORIX U-car」であれば、現金購入、マイカーリース、どちらのケースでも明確な価格表示を行っています。全車に車両検査表付き、車両保証付きの中古車を提供しているのでクルマに詳しくない方でも安心して中古車選びができます。中古車の購入やリースを考えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

安心の中古車をお探しなら「ORIX U-car」で在庫検索!

<記事掲載日>2020年12月8日

本記事内容は上記<記事掲載日>時点の情報で記載しています。また記載内容については一般的な情報に基づいて編集作成しておりますので、当社がその内容を保証するものではありません。

「ORIX U-car」コラム編集部
~お客さまの愛車探しを記事でサポート~

「ORIX U-car」コラム編集部では、中古車のご購入を検討されているお客さま向けに、中古車探しに役立つ情報やお得な乗り方に関する情報などを定期的に掲載しています。
是非、お客さまの愛車探しにご活用ください。