中古車ローンの審査では何を見られる?ローン以外で支払うためには?

中古車の購入時にローンを組みたい場合、信販会社や銀行が審査を行います。しかし、自分はきちんと審査に通るのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。そこで、ローン審査でチェックされる点や通りやすくするためのポイントを紹介します。さらに、ローンと同じように分割支払いができる最近人気のリースについても紹介します。

1.中古車の支払い方法

1.中古車の支払い方法

中古車の支払い方法はローンだけではありません。ここでは、どのような支払い方法があるのかを確認していきましょう。

1-1.現金一括払い

中古車の支払い方法は、まず現金での一括払いが挙げられます。実は、クレジットカード不可となっている中古車販売店も多いため、現金で支払うことが一般的なのです。現金一括払いのメリットは金利がかからないことです。そのため、支払い総額は分割よりも安くなります。また、中古車の所有者は自分自身になるため、自由にカスタマイズすることが可能です。一方、デメリットは一括で支払う必要があるため、一度に数十万から数百万という大きな出費が必要になる点です。

1-2.ローン

中古車といえども高い買い物です。そのため、多くの方がローンを組んで分割で支払います。分割といっても購入する際は頭金を用意するのが一般的です。しかし、なかには頭金も支払わず、すべてローンで支払う「フルローン」もあります。

ローンを利用するメリットは、まとまったお金がなくてもすぐに購入できることです。また、手元にあるお金が一度に減らないため、病気やケガなどの不測の事態に備えることもできます。さらに、販売店のオートローンを利用した場合は信販会社から販売店にバックマージンがあります。そのため、中古車価格の値引きに応じてくれる可能性もあるでしょう。一方、デメリットは金利がかかることです。高いクルマを購入するために多額のローンを組むと支払いが大変になるため注意しましょう。また、ローンを組む場合に必ずある審査に落ちるとローン契約できないのもデメリットです。

1-3.マイカーリース

マイカーリースは一定の月額リース料を支払えば、一定期間、好きなクルマを借りることが可能なサービスです。マイカーリースのメリットは、頭金がかからないことが挙げられます。また、購入した場合、都度個別に自動車税(種別割)などの税金や自賠責保険料を支払う必要がありますが、マイカーリースの場合、月額リース料にこれらの料金が含まれているプランが一般的です。なかには、車検費用や自動車保険料が含まれているプランもあります。さらに、リースのため名義は自分自身にはなりませんが、契約が終わった後にクルマを返すか、そのまま買い取るかを選ぶこともできるのです。なかには契約終了後に追加料金なしでそのままクルマをもらえるプランもあります。一方、デメリットはローンと同様に審査があるため、誰でも利用できるとは言えないことです。

2.ローンの種類

2.ローンの種類

ローンには「販売店のオートローン」と「金融機関のマイカーローン」があります。販売店のオートローンは「ディーラーローン」とも呼ばれています。販売店が提携している信販会社と契約するローンのことです。中古車購入時にローンの申し込みがその場でできるため手間がかかりません。また、審査も通りやすく、結果も早くわかります。審査が通るかどうか不安な方は販売店に相談することができるため安心です。しかし、販売店のオートローンの場合は、クルマの所有者は信販会社となり、使用者が購入者となります。そのため、カスタマイズしたり、売ったりすることはできません。さらに金利も高めです。

金融機関のマイカーローンは「銀行系ローン」ともいわれています。金融機関が提供するローンのため、用意する書類も多く時間もかかります。しかし、金利がオートローンより低いため、支払い総額が安く済むのです。また、クルマの所有者名義も購入者本人になります。

3.ローンの審査について

3.ローンの審査について

ローンを組みたくても審査に通らなければなりません。そこで、ローン審査の基準を紹介します。さらに、万が一通らなかった場合どうすればよいのかも解説します。

3-1.ローンの審査は何をチェックされている?基準は?

ローンの審査基準は会社によって異なります。また、基準も公開されていないのです。ただし、どの会社もきちんと返済してくれるかは重要視しています。そのため、勤務先や勤続年数はもちろんのこと、安定した収入があるかどうか、年収と年間返済額のバランスである「返済比率」はどのぐらいか等の項目について確認していると考えてよいでしょう。また、過去に返済トラブルがあったかどうか、現在は他社からお金を借りているかどうか、借りている場合は借入残高がどのくらいあるかも重要なポイントとしてチェックしています。

3-2.ローンの審査に通りやすくするには?

仕事をしていなかったり、勤続年数が短かったりすると、銀行や信販会社に支払いが滞るのではないかという不安を持たれます。そのため、転職や退職を検討している場合は、ローンを組んだ後が良いでしよう。また、収入に対して毎月の支払い額が大きいと、ローンが通りにくくなります。自分の収入に合わせた支払額を設定し、頭金を用意しておくようにしましょう。さらに、他社に借入がある場合はできるだけ返済しておくようにします。ただし、審査が通るか不安だからといって、いくつもの銀行や信販会社に同時に申し込むのは避けたほうが無難です。何か問題があるのではないかと不審に思われてしまい、審査が通りにくくなるおそれがあるからです。

3-3.ローンの審査に通らなかったらどうする?

ローンの額を減らせば、審査に通る可能性が出てきます。たとえば、フルローンではなく、まとまった頭金を出して借入額を減らすのです。ただし、頭金を用意するためにキャッシングやカードローンを利用してはいけません。審査では、他社からの借入残高がどのぐらいあるかもチェックされているからです。または価格の安いクルマにすれば、ローンの額は減ります。さらに、万が一支払うことができなかった場合の保証人をつけるのも審査に通るために有効です。

4.ローンとマイカーリースの違いについて

ローンとカーリースは、どちらも分割で支払う点では同じとはいえ大きな違いがあります。ローンの場合、頭金を用意しなければならない場合が多く、月々の支払いとは別に税金や自賠責保険料も支払います。また名義においては、金融機関のローンならクルマは自分自身の名義になるため、自由にカスタマイズすることが可能です。ただし、オートローンの場合は信販会社名義になることが多く、ローンが終わるまで名義は自分のものにはなりません。一方、マイカーリースの場合、クルマを「購入する」のでなはく、「借りる」という形なります。しかし、頭金は不要で月額リース料に税金や自賠責保険料が含まれているため、支払い額は毎月定額です。そのため、家計管理がしやすくなっています。

5.マイカーリースのメリット・デメリット

マイカーリースのメリットとしては、頭金が不要のため、まとまった初期費用が抑えられることです。また、税金などの費用も月額リース料に含まれていることから、個別に支払う手続きの手間もありません。さらに、リース期間中の車検費用なども含むプランを利用するとの突発的な支払いもないため、月々の支払いさえ可能であれば、現金一括支払いでは手が届かないワンランク上のクルマを乗ることも夢ではありません。

デメリットとしては、名義がリース会社にあるため、カスタマイズや売却ができないことです。また、契約期間終了前に解約すれば、違約金が発生する場合もあります。契約時に定められた走行距離をオーバーしたり、クルマに傷をつけたりすると、追加料金を取られる商品もあるので契約時によく商品内容を理解するように注意が必要です。
しかし、レンタカーのように「わ」ナンバーではありませんし、契約終了時にクルマがもらえたり、途中乗り換えたりできる、先述のデメリットを払拭したプランもあるなど、利用される方によっては大きなメリットを得られる仕組みでもあります。

中古車リースでもっとお得に!

「ORIX U-car」の中古車リースを利用すれば、契約終了後にクルマをもらうことが可能です。また、「ORIX U-car」ではさまざまなメーカーの中古車を取り扱っているうえ、現金一括払いでもリースでもご要望に応じた支払い方法で対応可能です。そのため、自分のライフスタイルに合った乗り方で愛車探しができます。クルマの支払方法を検討しながら中古車探しをしたい方には「ORIX U-car」サイトで詳細をチェックしましょう。

中古車リースの検討なら、安心でリーズナブルな「ORIX U-car」がおすすめ

<記事掲載日>2020年12月8日

本記事内容は上記<記事掲載日>時点の情報で記載しています。また記載内容については一般的な情報に基づいて編集作成しておりますので、当社がその内容を保証するものではありません。

「ORIX U-car」コラム編集部
~お客さまの愛車探しを記事でサポート~

「ORIX U-car」コラム編集部では、中古車のご購入を検討されているお客さま向けに、中古車探しに役立つ情報やお得な乗り方に関する情報などを定期的に掲載しています。
是非、お客さまの愛車探しにご活用ください。