おすすめの「7人乗り」中古車!安くて安心な中古車を購入するには?

家族が多かったり、たくさんの友人と出かける機会が度々あったりするような方にとって、便利に使えるのが7人乗りのクルマです。7人乗りのクルマを中古で買いたいと考えている方にとって、希望の車両をどのように探せばよいのかは迷いやすいポイントでしょう。この記事では、7人乗りのクルマの探し方とおすすめの中古車を具体的に紹介します。

1.「7人乗り」の車両タイプとは?

1.「7人乗り」の車両タイプとは?

クルマにはさまざまな種類がありますが、7人乗りのタイプといわれてイメージしやすいのがミニバンでしょう。ミニバンとは、ボディの背が高い3列シート車を指します。多人数で乗るのに適した車種で、荷物を載せるスペースに余裕を持った積載性の高さも特長です。また、スライドドアを導入しているクルマが多いため、子どもでも乗り降りしやすくなっています。

7人乗りに対応したクルマには、ミニバンのほかにSUVもあります。ひと昔前までは悪路を走破するようなイメージでしたが、近年では都市型SUVと言われるようなスタイリッシュなモデルも発売されています。アウトドアレジャーで活躍間違いなしの、人気の高いクルマです。SUVもミニバンと同様にボディが大きく、荷物などを置けるスペースに余裕があります。ただし、同じ7人乗りに対応したタイプとはいえ、当然ながらミニバンとまったく同じというわけではありません。

作りとしては3列シートでも、3列目は補助的な役割として設置されていることがほとんどです。そのため、普段はそれほどたくさんの人数で利用しない人や、山道などを運転してアウトドアを楽しむ機会が多い方などには、SUVが適しています。一方、日常的に7人乗りを想定して利用するケースでは、ミニバンのほうが便利です。

2.「7人乗り」のクルマが活躍するシーン

2.「7人乗り」のクルマが活躍するシーン

三世代での乗車にも対応でき、ファミリーカーとして最適な7人乗りのクルマは、家族が増えてこれまでのクルマでは狭くなったことなどを機に買い替えたり、新たに購入したりする方が多く見られます。また、積載性の高い7人乗りは、乗車人数はそれほど多くなくても、アウトドアが好きでたくさんの荷物を積んで移動する機会が多い方などからも重宝されるクルマです。たとえば、キャンプに行く際にはテントや寝袋、テーブルやイス、バーベキューに使うキッチン用品など、持っていかなければならないものは数多くあります。また、スキーなど大きな道具を使うスポーツなどが趣味の場合にも、荷物を置くスペースが広い7人乗りは便利です。

3.「7人乗り」のクルマのメリット・デメリット

3.「7人乗り」のクルマのメリット・デメリット

7人乗りのクルマのメリットは車内の空間が広いことです。乗る人の数が多くても窮屈さを感じず快適に乗れて、荷物をたくさん載せられます。また、スライドドアなど便利な機能が付いているクルマが多く、乗り降りが楽にできる点も魅力です。スライドドアは、特に小さい子どもや高齢者がいたり、荷物が多かったりすると重宝します。開口部が大きいため、人も物もスムーズに出入りできるからです。また、ドアが横にスライドするので、開閉時に近くの車や壁などにぶつける心配もありません。電動開閉できるタイプなら一層便利です。

一方、多人数の乗車に対応している分、ボディサイズや排気量が大きく、価格が高くなりやすい点はデメリットです。ただし、価格におけるデメリットを解消する方法として、新車より安く購入できる中古車を検討するという手段もあります。

4.「7人乗り」のクルマならあると便利な装備

7人乗りのクルマに装備されていると便利な機能として、まず運転席や車外から自動で開閉操作ができる「電動スライドドア」が挙げられます。電動スライドドアは、狭い駐車場などで隣のクルマなどにドアがぶつかるリスクが低い“スライドドア”ならではの装備です。自分でドアの開閉ができない小さい子どもがいたり、荷物や抱っこをしている子どもで手がふさがっていたりするときなどに活躍します。開閉時のスピードもゆっくりとしているため、遠方から操作して動かしても特に危険を感じることはありません。さらに、7人乗りのクルマでは「バックカメラ」が装備されていると安心して駐車できます。車体が大きいため、クルマの後方部を目視しにくいため、バックカメラで確認できるととても安心です。

5.「7人乗り」と「8人乗り」はどっちを選べばいい?

多くのミニバンは同じ車種で7人乗りと8人乗りを用意しています。そのため、どちらを選べばいいか迷うことがあるでしょう。比較する際に押さえておきたい7人乗りと8人乗りの主な違いは、2列目のシートの作りです。7人乗りは、左右にアームレスト(ひじ掛け)が付いているキャプテンシートといわれる仕様になっている事が多いです。個々のシートが独立しているため、一人一人の快適性が高く、シートの間を通って3列目に移動できる点が特長です。

一方、8人乗りは、8人乗る機会がある人については言わずもがなですが、2列目がベンチシートになっているため、荷物が置きやすくなっています。さらに、2列目と3列目を倒せばフルフラットになる車種も多く、車中泊も可能な広い空間を作ることが可能です。このようなことから、快適性の高さを求める方は7人乗り、積載量や乗車人数の多さを重視したい方や車中泊を頻繁に楽しみたい方は8人乗りを選ぶとよいでしょう。

6.「7人乗り」の中古車をネットで探す方法

7人乗りの中古車を探す場合、中古車を扱うお店へ手当たり次第に足を運ぶのは非効率です。あらかじめ、中古車を扱う検索サイトなどを利用して自分の希望に合うクルマを絞り込んでおきましょう。検索方法の流れは、まず、検索サイトにアクセスしたら、検索項目にある「乗車定員」を「7人」に設定し、候補となるクルマの範囲を狭めておきます。次に、ミニバンやSUVなどの車両タイプを設定し、最後に購入するお店の地域を絞ったら、検索は終了です。地域の選択は、最初に住んでいる都道府県で設定し、該当するものがなければ、隣接する都道府県に設定を広げていく感じで探してみましょう。

7.おすすめの「7人乗り」のクルマ

最後に、数ある7人乗りのクルマのうち、おすすめのミニバンとSUVをそれぞれ3つずつ紹介します。

7-1.ミニバン

ミニバンのなかでおすすめする1つ目のクルマが、ファミリー層からの支持が非常に高い日産の「セレナ」です。最近販売されているモデルでは、自動運転技術が備わったプロパイロット機能が搭載されているなど、同クラスのなかでも特に安全性において高い評価を受けています。また、乗る人数や目的に応じ、シートを倒したり跳ね上げたり前後にずらしたりなどして、空間を多彩にアレンジできるのも使いやすくおすすめできる点です。

2つ目は、高級感を持つラージサイズのミニバンとして不動の人気を誇るトヨタの「アルファード」です。品格を感じさせる洗練された外観と高級感を持った内装、さらには充実の装備で、どこから見ても、誰にとっても満足度の高い仕上がりとなっています。シートの素材やインテリアにもこだわっていて、特にキャプテンシートの快適さは高評価です。満足度に比例して車両価格も高い高級ミニバンです。

3つ目は、コンパクトタイプのミニバンを代表するホンダの「フリード」です。ガソリン車とハイブリット車の2種類があります。コンパクトなボディでありながら、3列目のシートを左右に畳めば、荷物もたくさん載せられる点が魅力です。また、床の高さが低く、子どもでも乗り降りしやすいことからファミリー層の人気が高いコンパクトミニバンの代表車種といえるでしょう。

7-2.SUV

SUVでおすすめする1つ目のクルマが、フルサイズで車体が大きく、乗り心地も快適なトヨタの「ランドクルーザープラド」です。高級感がある外観のみならず、ランドクルーザーの名に恥じない耐久性と走破性の高さも魅力で、オフロードやアウトドアでも間違いなく活躍してくれる1台でしょう。パワーが必要な坂道の走行が多い方は、ディーゼルエンジンのモデルがおすすめです。

2つ目は、日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」です。旧モデルは比較的手頃な価格から購入できたこともあり、アウトドア志向を持つ若年層の間で高い人気がありました。しかし、2013年から出ている現行モデルはデザインが一変し、やや高級志向に変わっています。旧モデルは直線を基調としたゴツゴツ感のあるデザインでしたが、現行モデルは丸みのあるスマートで都会的な外観となっています。さらに、自動被害軽減ブレーキなど先進技術を導入した装備を持つモデルや、燃費の良いハイブリッドモデルもあり、より高いレベルのSUVを求める方にもおすすめです。

3つ目は、マツダのSUVラインナップのなかで、最もハイクラスに位置付けられる「CX-8」です。欧州車を思わせるような上質で洗練されたデザインが魅力で、都会的な風景のなかでも存在感を発揮し、街乗りしても見映えがするクルマです。さらに、外観だけではなく内装も高級感があり、ワンタッチウォークイン機能やパワーウォークイン機能などが装備されているなど、機能性が高い点も特長です。また、同タイプで人気のディーゼル車も用意されています。

「ORIX U-car」で安心できる中古車を安く

各メーカーから機能性やデザイン性の高いクルマがさまざま出ていますが、7人乗りというと車両価格が高いミニバンやSUVなどが主流です。そのため、中古車をうまく活用するのは賢い方法です。「ORIX U-car」が提供する中古車商品「オリックス認定中古車」は厳しい認定基準をクリアしているため中古車でも安心です。また、リース車両やレンタカー車両など自社で管理している車両を直接販売しているため、通常の中古車流通の過程と異なり中間マージンが発生しないため、リーズナブルな価格も魅力です。「ORIX U-car」で希望の「7人乗り」のクルマを上手に探しましょう。

人気のミニバンやSUVをお探しなら「ORIX U-car」で在庫検索!

<記事掲載日>2020年12月8日

本記事内容は上記<記事掲載日>時点の情報で記載しています。また記載内容については一般的な情報に基づいて編集作成しておりますので、当社がその内容を保証するものではありません。

「ORIX U-car」コラム編集部
~お客さまの愛車探しを記事でサポート~

「ORIX U-car」コラム編集部では、中古車のご購入を検討されているお客さま向けに、中古車探しに役立つ情報やお得な乗り方に関する情報などを定期的に掲載しています。
是非、お客さまの愛車探しにご活用ください。