カーリースが向いているのはこんな人!仕組みを理解してお得に乗ろう

月々、一定額の支払いで車に乗れると注目されているカーリースですが、現金やローンでの購入との違いがよくわからないという方もいるでしょう。カーリースには特有のプランやルールがあるため、お得にカーリースを利用するには乗り方や料金の支払い計画などを十分に検討しておくことが大切です。この記事ではカーリースの仕組みとともに、現金購入やカーローンとの違いについて解説します。カーリースが向いている人の特長も要チェックです。

1.カーリースの仕組み

1.カーリースの仕組み

カーリースとは、車を借りる人とリース会社との契約に基づき、長期にわたって車を貸し出す仕組みです。リース料金には自動車税種別割や重量税、自賠責保険料といった維持費が含まれているケースが多く、新車リースであれば契約段階で車種やオプション、ボディカラーを自由に選べるので、通常の新車購入と同様の使い勝手が実現できます。

カーリースの契約では、リース期間が終了した時点での残存価格(残価)をあらかじめ定めておくのが一般的です。残価の精算方法は、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つに分けられています。

オープンエンド方式は、残価を明らかにした上でリース契約を結び、契約満了時に査定価格と残価の差額を精算する仕組みです。借りている車を買い取ったり、残価清算金を頭金に充当して新しい車に乗り換えたりすることも可能です。

一方、クローズドエンド方式では残価が明示されない代わりに、契約満了時の残価精算が求められない仕組みです。契約満了時はリース会社に車を返却しなければなりませんが、高額な精算を求められるリスクは少なくなるでしょう。

個人向けのリースでは、残価を設定せず、リース期間の終了時にリース車両を契約者に無償で譲り渡すシステムを採用するリース会社も増えてきています。

2.カーリースと現金一括購入、オートローンとの違いは?

2.カーリースと現金一括購入、オートローンとの違いは?

まとまったお金が手元になくても、車を手に入れられるのがカーリースやオートローンの特長ですが、車の所有権はリース会社や信販会社に帰属します。一方、現金一括払いでの購入では数十万円~数百万円という多額の現金が必要ですが、支払完了時点で所有権を得られます。それぞれの違いについて、詳しく確認してみましょう。

2-1.カーリースで車を借りる

カーリースは、毎月一定額を支払って車の使用権を得る方法です。月々のリース料金には、自動車税や重量税、自賠責保険料等の車の維持費が含まれているのが一般的で、頭金がなくても契約できるので、手軽に車に乗れる方法として注目されています。ただし、残価設定をしている場合は契約終了時に精算手続きが必要となり、車両の状態によっては清算金の支払いが必要になる場合もあります。

リース会社によっては、車検や点検、オイル交換などのメンテナンス費用がリース料に含まれる商品もあります。契約にあたってはリース会社独自の審査があり、収入や他の借り入れ状況、支払遅延履歴などによっては契約できない場合もあります。

2-2.現金一括払いで購入

現金一括払いは、シンプルに購入代金と引き換えに車の所有権を得る仕組みです。購入代金には車両本体やオプション装備の費用と登録に関する諸費用が含まれています。販売店が提供する車検やオイル交換などをセットにしたメンテナンスパックに加入できる場合もあります。購入時に多額の現金が必要となるため、数年かけて貯金したり銀行のマイカーローンでお金を借りたりして代金を支払うのが一般的です。

2-3.販売店のオートローンで購入

販売店のオートローンは、車の購入代金を分割で支払って車を手に入れる方法です。一部の販売店ではカーリースと同様に、残価設定を行うタイプの残価設定ローンも提供されています。分割払いという意味ではカーリースと似ていますが、自動車税などの維持費が月々の支払いに含まれない点が大きな違いです。

オートローンは販売店と提携している信販会社との契約になるのが一般的ですが、契約にあたってはリース同様、支払能力に関する審査が行われるため、他のローンの残高や返済状況によってはローン契約ができない場合があります。幅広い顧客層を獲得するために、独自の審査基準で分割払いに対応する「自社ローン」と呼ばれるローンを提供する中古車販売店もありますが、金利が高かったり保証料という名目で追加費用を請求されるケースが散見されたりするため、あまりおすすめできません。

3.カーリースがお得な理由

3.カーリースがお得な理由

カーリースでは契約満了後の残価を事前に決めておき、本来の車両本体価格から残価を引いた額を月々のリース料金として支払う仕組みを採用しているところが多くあります。車両本体価格の全額を支払うわけではないので、オートローンで車を購入するよりも月々の支払額が抑えられるメリットがあります。

人気がある車種やグレードだと残価(再販時の車両価値)が高くなる傾向にあるため、その分だけ月々のリース料金を安く設定できるメリットもあります。月々の支払いを抑えながら良い車に乗りたい方は要チェックです。

リース会社によっては、残価をゼロに設定、すなわち残価設定なしでもカーリースを契約できます。契約終了時の査定が行われないため、契約期間中の走行距離や車両のキズを気にせず乗れるメリットが生まれます。「リース期間終了後は車を自分のものにできる」プランを用意するリース会社もあるため、同じ車に長く乗り続けたいと考える方には選択肢の一つとなるでしょう。

なお、リース会社の購買力にも注目です。リース会社の規模にもよりますが、年間数千~数万台レベルで車両を購入しており、当然ながら販売店との価格交渉においては、個人で購入する場合に比べて断然良い条件で購入する事が可能です。安く調達した分は月々のリース料金にも反映されますので、カーリースがお得といえる1つの理由になるでしょう。

4.カーリースが向いている人、向いていない人

カーリースの契約期間が長くなるほど、月々のリース料金が安くなるのが一般的ですが、契約期間中は基本的に中途解約ができません。中途解約が認められた場合でも、中途解約金の支払いが必要です。そのため、リース契約期間中に家族構成や勤務地などライフスタイルの変化が見込まれる方は、カーリースの利用自体や契約期間を慎重に検討する必要があります。一方、1台の車に長く乗りたい方や、リース期間終了後に車を買い取りたいと考えている方はカーリースのメリットを活かせるでしょう。

月々のリース料金には、各種税金や自賠責保険料などが含まれているのが一般的です。追加料金なしで、オイル交換などのメンテナンスを実施してくれるリース会社もあります。車検・整備などのメンテナンス費用がリース料に含まれている場合は、リース会社が指定する整備工場でメンテナンスを受ける仕組みなので、料金や作業品質を比較する手間が面倒だと考える方にはそのようなカーリース商品を利用すると便利です。また、毎年納税が必要な自動車税種別割もリース会社が納入を代行してくれるため、手間も滞納の心配もありません。

ただし、メンテナンス時のオイルやパーツなどにこだわりがある方には、物足りなさを感じるかもしれません。オーディオやタイヤホイールのように原状復帰しやすい装備の取り付けは認められても、足回り(サスペンション)や排気系統のパーツ変更など大規模な改造は認められない点にも注意が必要です。

リースのプランによっては、月間の走行距離を1,000km~1,500kmに制限されている場合があります。長距離走行が多い人は、契約満了時の査定価格が下がる可能性を考慮した上でカーリースを選ぶ必要があるでしょう。走行距離数の制限がないプランもありますので、よく商品内容を確認して選びましょう。

カーリースの利用に向いている人・向いていない人をまとめてみました。

向いている人 向いていない人
・1台の車に長く乗り続けたい人 ・ライフスタイルが変わる可能性が高い人
・月々の支払額を安くしたい人 ・車の購入と同時に所有権を得たい人
・整備の手間をかけたくない人 ・パーツやオイルなどにこだわりたい人
・気に入った装備を追加して乗りたい人 ・車を大きくカスタマイズしたい人
・年間走行距離が少ない人(目安:18,000km以内) ・年間走行距離が多い人(目安:18,000km超)

5.カーリース会社によって取り扱う車種や契約内容は異なる

「カーリース」と一口に言っても、リース会社によって取り扱う車種やサービス内容・契約期間はさまざまです。先述のとおり、リース料金は車両の残価を設定した上で決める仕組みなので「残価設定の有無」を目安に契約するリース会社を決めると良いでしょう。

残価設定があるカーリースでは月々のリース料金が安くなる傾向にありますが、走行距離制限の超過や車両の価値変動により、契約終了時に追加費用の支払いを求められる場合があります。プランの選び方によっては、カーリースのお得さが損なわれる可能性もあるわけです。

その反面、残価設定のない(残価を0円と設定する)カーリースなら契約終了時に追加料金の支払いを求められる心配がありません。契約終了時には、借りていた車を無償で譲ってもらえるのも魅力です。特に中古車のカーリースでは残価を設定しなくても月々のリース料が安上がりとなるため、魅力的な選択肢の一つになるでしょう。車両の状態を十分確認した上での契約をおすすめします。

「オリックスU-car」のカーリースなら月々の支払いを一定にできてお得

カーリースは、自賠責保険料や自動車税といった車の維持費が月々のリース料金に含まれているのが一般的で、車の費用がわかりやすく、支払額が月々定額なのが特長です。契約内容によっては車検代やメンテナンス代、オイル交換やタイヤなどの消耗品代もセットになっており、1台の車を大切に乗りたいという方にも向いています。

月々のリース料金を抑えて車に乗りたい方には、「オリックスU-car」の中古車リースが有力な選択肢となるでしょう。中古車を取り扱っている数少ないリース会社で、月々の予算に応じて乗りたい車を手軽に検索できます。残価設定もないので、リース期間満了後は車を自分のものにできるのも魅力でしょう。

人気の中古車リースなら、「ORIX U-car」がおすすめ。希望の車を月々の支払予算から検索!

<記事掲載日>2021年2月5日

本記事内容は上記<記事掲載日>時点の情報で記載しています。また記載内容については一般的な情報に基づいて編集作成しておりますので、当社がその内容を保証するものではありません。

「ORIX U-car」コラム編集部
~お客さまの愛車探しを記事でサポート~

「ORIX U-car」コラム編集部では、中古車のご購入を検討されているお客さま向けに、中古車探しに役立つ情報やお得な乗り方に関する情報などを定期的に掲載しています。
是非、お客さまの愛車探しにご活用ください。